手相の見方 金運線

手相の見方、金運線の場合はこう見る

1番身近にある占いと言えば手相占いです。
自分の運命が自分の手に刻まれているとあって、知りたい事は山ほどあります。
この御時世、中でも気になるのは金運です。

 

 

自分には、金運が有るのか無いのか誰もが気になります。
金運がどうなのかという手相の見方は金運線、太陽線、運命線の三本が重要になってきます。
特に金運線は財運線とも呼ばれ、現在の金運が簡単にわかります。

 

 

小指の下付近にある縦に伸びている線が金運線です。
太くはっきりとした線ならば、金銭的に余裕がありお金に困らないと言えます。
何本もある場合は、商売をするのにセンスがあり向いていますので、自分で稼ぐ事が出来ます。

 

 

生まれ持った金運を見る場合は、金運線では無く太陽線を見ます。
薬指の付け根辺りから伸びている線です。
はっきりとした線ならば、元からの金運の持ち主と言えます。

 

 

逆に薄かったり途切れている場合は、金運があまり無いのです。
この部分がふっくらと盛り上がっている場合も、金運に恵まれています。
中指の下辺りから伸びている線、運命線も重要です。

 

 

全体的な運気の状態を表します。
この三つの線が集まり、一つの線になっている場合は最高に金運があり、億万長者の線とされています。

 

 

しかし、手相は日々変わっています。
現在の状態だけを見て悩まずに、未来に向けて考える材料として手相を活用していきたいものです。