手相の見方 火星線

火星線についての手相の見方

手相の見方を学ぶのに知っておきたい基本線のなかのひとつ「火星線」について説明します。
この線は、ねばり強さや人一倍優れた生命力をもっていることを示していて、第2の生命線とも呼ばれています。
この線がある人は、他の人よりも体力・スタミナともに優れていますので、病気やケガもしにくく、とても充実した生活をおくることができ、その寿命も比較的長いといわれています。

 

 

火星線の流年の見方は生命線のものとほとんどかわらず、
生命線とこの線のある時期はとてもエネルギッシュに日々過ごせますが、
火星線が刻まれている時期がすぎてしまうとタフさもスタミナもがくんと落ちてしまいます。

 

 

もしもこの線がなくなった後も以前のライフスタイルを変えずにいると、
体に無理がたたってしまい最悪の場合は生命の危機に陥ることもあります。

 

 

手相をみた相手にこの線が刻まれており、実際にエネルギッシュな人生を送っていたとしても
この線が消える位置から時期を見定めてきちんとアドバイスをしてあげた方がよいでしょう。

 

 

この火星線のある位置は、生命線の内側(つまり親指方面)ですが、
もし生命線から5mm以内であればその線は「印象線」と呼ばれる別の線ですので間違えないように気をつけましょう。