手相の見方 ますかけ

ちょっと変わった手相の見方:ますかけ線。

ちょっと手相の見方を聞きかじったことがある人は聞いたことあるでしょう、「ますかけ線」。
このますかけ線は生命線や運命線などのように誰にでも必ずあるというものではありません。
この線は別名、百握りとも呼ばれ、つかんだものを決して離さないと言われています。

 

 

商売などで奇才を発揮し、大成功する可能性を秘めています。
ただし、浮き沈みが激しくもあるので大成功ののちに大失敗、さらに大成功というような大きな波があります。
一方で個性的で頑固な性格や粘り強さもあらわしています。

 

 

さてそのますかけ線はどんなものかと言うと、感情線と頭脳線が一直線に繋がっているもののことをさします。
つまり、手のひらを右から左へ横断しているんです。
ただ中にはこの線とは別に感情線や頭脳線がある人もいますし、後天的になることもあります。

 

 

ちなみに感情線が別にある人は頑固な性格と合間って嫉妬深い人とも言えるので恋愛相手にするにはちょっと大変かもしれません。
注意したいのが、この相をもつ人が成功するには、運命線と太陽線がしっかりあることが必須だということです。

 

 

もし全くない場合、この相は極端に悪い相になってしまうので人の手相をみている時にますかけ線をみつけたら、運命線と太陽線の二つもきちんと確認しましょう。
この二つの線がしっかりと刻まれていて初めてよい意味合いを発揮する相だと言えます。