手相 結婚線 薄い

結婚線の薄い手相の示すこと

結婚運が気になる人が自己流で手相をみる時に気にしがちなのが「結婚線」です。
この結婚線が薄いと結婚できないのではないかと不安になってしまう人もいるでしょう。

 

 

しかし、この「結婚線」の示すものはパートナーとの関係性や本人の心境なのです。
ですので、既婚者でもこの線が薄かったり消えてしまっている人もいます。

 

 

その場合は愛情が枯れてしまっていたりもはや別居していることを示しています。
ちなみに婚期や結婚運をみる場合は、生命線と運命線を流年法で判断します。

 

 

また誤解されやすいのが、この線が複数ある=結婚する回数ということです。
線の数と婚姻回数はまったく関係しません。
この線がたくさんある人はそれだけ魅力的であるということを示すので、
あまりにもモテすぎて結局晩婚であったり、あるいは一生気ままな独身生活を送るという人も少なくありません。

 

 

ですので、結婚線と結婚運・婚期は別物ですので薄くても気にしないことです。
ただし、現在のパートナーと結婚できるかなどはこの線をみればはっきりわかりますので参考にするとよいでしょう。

 

 

どれだけ「この人と結婚したいの」と口に出していても、この線が薄い場合は「結婚」そのものに対する憧れや願望であって現在のパートナーとではないということととらえられます。