手相 結婚線 上向き

上向きの結婚線をもった手相

手相には結婚線というものがあります。
小指の付け根と感情線の間に表れる短い横線のことをいいますが、それを見ればその人の結婚に関することを知ることができるという線です。

 

 

今の恋愛が結婚まで至るのかどうか、結婚後の夫婦の状況など、結婚の時期や結婚後の生活といった重要なことを見る線です。
線の数、伸びている方向、長さなど判断の基準になるポイントは様々あります。

 

 

中でも上向きの結婚線が示す結婚運は、その「上向き」という言葉の響きの通り、非常に良好な結婚を暗示しているかなり恵まれた結婚運だと言えます。
自分が理想としている以上の人との出会いに恵まれ、幸せに満ちた素晴らしい結婚生活を送ることができると言われている非常に良い手相です。

 

 

その手相を持つ人は、結婚後もお互いの気持ちがさらに強くなっていくでしょう。
また、薬指の付け根にのぼる縦の線を太陽線と言います。
この太陽線は富や名声、成功運を見る線で、太陽線がある人はとても幸せな人だとされています。

 

 

この太陽線があり、さらに結婚線がそこまで長く伸びている場合はセレブな結婚ができることを表しています。
地位や財産のある人と結婚して、富貴の身分に恵まれるという素晴らしい手相です。