手相 結婚線 3本

結婚線が3本ある手相の示すもの

手相でよくみてもらう人が多いのが結婚がらみのことです。
そういったことからも「結婚線」の存在や位置については比較的知られています。
しかし、誤解が多いのも事実です。

 

 

と言うのも、「結婚線」は結婚するかどうかを判断するもので、線の数は結婚する回数と認識されていることが多いのです。
実際に結婚線が示すことは、現在のパートナーとの関係性や、本人の結婚に対する意識です。

 

 

パートナーととても良好な関係が築けていればはっきり深く刻まれていますし、逆に結婚していても別居している家庭などは薄くなっていたりしますし、パートナーと仲良くしていても本人に結婚の意欲が全くないと薄くなることもあります。

 

 

上記のようにこの線は結婚の有無は示さないので、結婚線が二本以上あったからと言って何度も結婚するという意味ではありません。
ちなみにこの線が複数、特に3本以上ある場合は、その人がとても魅力的であることを示しています。

 

 

4、5本ある人は性的魅力も備えていますので、逆に浮気が心配になるかもしれません。
また、この線が3本以上ある人はとてもモテる傾向にあるため、恋愛経験豊富であったりする反面、結婚相手を決めかねて晩婚になってしまう場合も多いです。