手相 結婚線 女性

女性が気になる手相の結婚線の見方

女性の中には、結婚を人生のゴールと考えている人も多く、いったい自分はいつ結婚できるのだろうと手相を見てもらう人も多いようです。
良く当たるという占い師さんに見てもらうため、長い行列に並んでいるのが、ほとんど女性だというのもうなずける話です。
ここでは、そんな結婚運について知るための、結婚線の見方みついてご紹介します。

 

 

女性の場合、右手が未来の運勢、左が過去の運勢を現します。未婚の方は、結婚は未来のことになるので右手の線を見ることになります。
結婚線は、小指の下にある横向きの線で、一本しかない人、二本、3本ある人と様々です。

 

 

まず、結婚線が1本しかない人は、幸せな結婚ができる相を持っており、結婚線の横に縦向きの線が入っていると、お金に困らない玉の輿結婚の相だという事です。
2本の場合は、2回結婚する可能性があり、その2本線の片方だけがあがったり、下がったりしている場合は、三角関係に陥りやすいという相になります。

 

 

3本以上ある場合は、早婚もしくは幸せな晩婚の相があり、多くの細かい線の中にくっきりと一本の太い線があるのは、モテモテの相だという事です。
自分の手を見て、どんな結婚の相が出ているのか確認してみましょう。