手相 結婚線 2本

結婚線が2本ある手相について

占いにも様々な種類がありますが、いつでも気軽に利用できる方法に手相を見る方法があります。

 

 

昔から人気のある占い方で、手の平にできているしわや線を見ながら、その人の運勢について調べていきます。
プロの占ってもらうとより詳しい占い方ができますが、書籍や、インターネットの情報を参考にすれば自己流でも占うことができるものです。

 

 

そして手相では運命線や生命線などさまざまな線がありますが、特に結婚線が気になっているという方は男女ともに多いものです。
良い結婚ができるかどうかで、その後の運命が大きく変わることとなりますから、やはり結婚については気になってきます。

 

 

結婚線によって、その人がどのような結婚をするのか占うことができますが、これは小指と感情線と呼ばれる線の間に存在刷る線となっており、その人の結婚の時期がわかると言われています。
そしてときにはこの線が2本存在する人もあり、昔からこういった方は2回結婚すると言われたものです。

 

 

でも、2本あるからといって、それが2度の結婚を表すとは限らず、2本ある場合はより濃くはっきりとしている線が結婚を表す線として見ることもあります。
2本ある場合も短い線や薄い線の場合は恋愛してもそれが結婚に至らないことを表す場合もあります。