手相 結婚線 右手

手相で結婚線を見るなら右手を見よう

手相占いが好きだという人はたくさんいますね。
自分の手で占うわけですから、タロットや水晶などより親しみやすく、
何より自分の生きてきた軌跡が見られるわけですから、的中することが本当に多いです。

 

 

では、手相占いでは右手と左手、どちらで占うのでしょうか。
占い師さんの場合は、大抵両方の手を見ることになります。
実は左手は、先天的な運命であり、右手は後天的に作られた自分を現しているからです。

 

 

先天的な運命は、その後の自分の努力や挫折などで変わっていくものです。
ですから、自分で占う場合は右手を見たほうが分かりやすいでしょうね。

 

 

独身の男女であれば、やはり一番気になるのが結婚線かと思いますが、
これは小指の付け根から感情線までの間にある短い線です。
もちろん人によって本数も太さも違いますし、ある位置だってバラバラです。

 

 

例えば、線が一本で感情線近くにあるという場合は、晩婚である可能性が高いです。
逆に小指近くにあれば、とても若いうちに結婚する可能性が高いのです。

 

 

また、線がいっぱいあるから何回も結婚するというわけではなく、
結婚に繋がりそうな出会いがたくさんあるという暗示なのです。

 

 

ハッキリした線がなく、薄い線がいっぱいあるという場合は、
そもそも結婚願望がなく、たくさんの異性と楽しくお付き合いするのが良いと考えているタイプですね。