手相 結婚線 再婚

手相の結婚線を見て再婚の可能性が分かります

手相占いとは、易者と呼ばれる専門の占い師により、手の平に刻まれているシワや溝を見て鑑定する占いの事です。

 

 

手相と呼ばれる手のひらに現れる線には様々な意味があり、それを鑑定することで、占ってもらう人の性格や将来の人生など、その人がこれから歩む未来の可能性や運命が見えてくるのです。
その中で、結婚運を占うには「結婚線」を見ます。結婚線とは手のひらを見たときに、小指の付け根付近に現れている短めの線ことで、感情線と呼ばれる線との間を短めに平行に走っている線の事です。

 

 

その数は通常1本から5本現れます。その数や線の形を判断することにより、その手相の持ち主の結婚する回数やどんな結婚生活を送るのかという可能性が見えてくるのです。
くっきりと結婚線が1本現れている手相の持ち主の場合、結婚は波乱なく過ぎて、円満な幸せな結婚生活が送れると判断されます。両手のしっかり現れている人ほど幸せで、片方だけだと幸せは半減されます。

 

 

また2本の結婚線がある人の場合は、再婚をする可能性が出てきます。また両手の手の平のどちらにも、2本現れている場合は、可能性がより高まります。
また線が途中から二つに分かれている場合は「別居線」と呼ばれ、結婚しても離婚する可能性があるのです。