手相 結婚線 枝分かれ

結婚線が枝分かれした手相とは

手相占いって、誰でも一度はやったことがありますよね。
特に女性の方は気になるものなのではないでしょうか。
頭脳線や運命線、感情線など色々な線がありますが、
中でも一番気になる線といえば結婚線なのではないでしょうか。

 

 

これは、小指の付け根の下から感情線までの間にある短い線のことです。
人によっては全然無いという場合もありますし、何本もあるという場合もあります。
全然無いからといって絶対結婚できないというわけではありませんし、
何本もあるからといって、何回も結婚するというわけでもありません。

 

 

ただ、全然無い場合は出会いのチャンスが少ない傾向にあるので、
積極的に出会いを求めた方がいいですし、
何本もある場合は何度も出会いのチャンスがあるので、逆に喜ばしい手相なのですよ。

 

 

そして、結婚線が途中から枝分かれしている手相というものもあります。
この場合は、ちょっと注意が必要ということになってしまいます。

 

 

これは、別れを意味していますので、離婚や別居をする可能性があるということです。
ですから、結婚相手選びにはちょっと慎重になった方がいいという暗示なのですね。

 

 

結婚して一緒に暮らすまでは相手のことが分からないものですが、
相手の話しだけでなく、その家族や友人などからも色々聞いておいた方が良いでしょう。