手相 金運, ほくろ

手相とほくろで金運を鑑定

手相占いに詳しくない人でも、生命線、頭脳線、感情線の3つくらいは聞いたことがあるでしょう。

 

 

これは手相占いの基本の三大線と言われ、この3つを見ればその人の基本的な性格や運勢を知ることができます。

 

 

まず、親指と人差し指の間から手首に向かってカーブを描きながら走るはっきりとした線が生命線です。

 

 

健康運を中心とした人生全般の運勢を見ることができます。

 

 

次に、親指と人差し指の間から手のひらの中心部に向かって伸びるはっきりした線が頭脳線です。

 

 

能力や指向性などを読み取れます。

 

 

最後に、小指の下から中指側に向かって緩やかなカーブを描いて伸びるはっきりとした線が感情線です。

 

 

人間の情緒面をよく表す線と言われています。

 

 

また、手相占いには手のひらの起伏も大事です。

 

 

手のひらの膨らんだ部分を丘きゅうと呼び、それぞれの丘に名前が付いています。

 

 

また、色つやがよく、盛り上がっているほど、その丘の持つ意味は強くなります。

 

 

中でも親指の付け根にあるのが金星丘といわれ、人間の生命力と非常に関わりの強いところです。

 

 

ここに色のよくないほくろがあると金運があまりよろしくないと言われています。

 

 

小指の下の膨らみは水星丘といわれ、社交性、分析力、判断力、器用さなどを表しています。

 

 

ここにほくろがある人は金銭面での失敗に注意する必要があります。

 

 

また、この水星丘には財運線が出ることがあります。

 

 

財運線とは小指の下から下方に伸びるやや斜めの線で、金運や金銭との関わりが深い線です。

 

 

お金を稼ぐというより、蓄財のセンスを表します。

 

 

線がまっすぐに入っていれば金運に恵まれ、曲がったり切れたりしているとお金に苦労するといわれています。

 

 

例えば、この財運線が明確で深く、そして三つ又に分かれた相は人並み外れた財運を得、一攫千金の可能性があります。

 

 

逆に、財運線が切れ切れになっている相は、お金が入ってもすぐ出て行くか入ってくる額が少ないことを表しています。

 

 

この相が出たら収入が大きく減少する可能性があるので、注意が必要です。

手相 金運 ほくろ記事一覧

手相 金運 スター

手相では時々何らかの形の、印のようなものががあらわれるとされています。そのなかでもスターとは*のように6本程度の線が重なり合ってみえる印のことで星のようにみえることからこう呼ばれています。こういった印は特殊紋とよばれて、手相のうえでは何らかの急変がおこることを表しています。ほかにはフィッシュとよばれ...

≫続きを読む

手相 金運 フィッシュ

手相は基本的な線で運命をみるのが一般的ですが、一時的に出現するといわれている模様のようなものもあります。例えば丸い形をつくるサークル、三角形の三角紋、漢字の口や井のような形をしている四角紋などのほか、*のように六本以上の線からなるスター(星)と呼ばれるものがあります。それぞれ現れたのがどの基本線のそ...

≫続きを読む

手相 金運 書く

手相がどのように日本に伝わったのかををご存じですか?手相術の誕生は約3500年前の古代インドであるといいわれています。それが仏教伝来とともに中国へ伝わり、それが平安時代に日本にも伝わりました。当時の手相は占いの要素もありましたが、病気を診断するツールとしても用いられてました。では、その日本に伝わった...

≫続きを読む