手相 生命線 ない

手相でき生命線がない時の場合

手相を見てもらって自分の人生運、恋愛運、金銭面など判断をしてもらうのにどのような運命だったり、これから自分がどういう風な人生をたどっていくのか知りたいのは誰しも思うことです。

 

 

 しかし鑑定士の人に見てもらったり自分が判断できる手相の本を参考にして自分の手を見たときにあることに気づくことがあります。

 

 

それはパッと見た時にとても信じにくいことなのですが生命線が無いことなのです。

 

 

 自分の手相の見方がきちんとできていないのではないかと思うのと、もしその手相の判断が正しい場合自分の寿命はもしかしたらすぐにおえるのではと言うとても恐ろしい恐怖が感じられるものです。

 

 

 しかし生命線が無いということイコール寿命が短いとか命がいくばくもないという意味を指すのではありません。

 

 

生命線がうすかったりもしくは見えなくなっていたりしたからといってもそれでイコール寿命が短いと言う事は言えないのです。

 

 

 と言うのも人はそれぞれの体調によって手相の判断できる線が見えなくなることがしばしばあることですし、もちろんそれが生命線だからといって例外では無いのです。

 

 

ただ、その線が薄らいでいるということは体の中になんらかの支障をきたしていることが考えられますので、手相で判断するよりもすぐに病院に行って自分の今の健康状態などをチェックしてもらうことのほうが先決です。

 

 

 ですので、生命に関する線が無いからまたは薄らいでいるからといって諦めるのではなく、それは病気のある意味シグナルだと思いすぐに診察を受けることをお勧めします。

 

 

もしそのときに何らかの大病を患っていることを早期発見してそのおかげで完治できたならば逆に言えば生命に関する線が短くなっていたおかげで寿命が延びたと考えればよいでしょう。

 

 

 手相はあくまでそのときの判断です。

 

 

すべてがそれで人生を決してしまうものではありません。

 

 

気休めになったり、将来希望を持つためのものですので安心すればよいでしょう。


手相 生命線 ない関連ページ

短い
枝分かれ
内側
二股
3本ある場合