手相 生命線 島

手相で生命線を見ると島がある

手相における島とは、いわゆる線が二股に別れてからまた一本になるというもので、丸というよりは楕円形や、島の始まりと終わりは鋭く、丸くなっています。

 

 

これはあまりいい意味があるわけではありませんが、特に生命線に出来る場合はよく注意しておく必要があるのです。

 

 

というのも、島ができればその時には何らかの病気や怪我などの可能性があるのです。

 

 

生命線に関しては特に心身の健康運を表しているということもあるのです。

 

 

生命線の場合は、手相の中でも特に重要な線です。

 

 

この場合はそもそも健康であることが大事なことですし、健康に限らずいろいろな過ごし方を出来ることが大事なことになります。

 

 

このようなさまざまな過ごし方は、そもそもしっかりと健康でなくてはなりません。

 

 

健康な場合はしっかりと毎日の生活を送ることが出来ますが、将来的には生命線もしっかりと活用することが大事なことになります。

 

 

この場合は、自分の人生のどのくらいの位置になるかということがポイントでしょう。

 

 

自分の人生については、特にこのようなしっかりとした病気予想が出来る占いはそうありませんので、一度手相を見ておくといいでしょう。

 

 

この場合は五分割し、そのうち最初のひとつは産まれてから20歳になるまで、以降のもそれぞれ五等分したうちの一つずつが20年程度となっています。

 

 

このため、島があるのはあまり良くないことといえるのですね。

 

 

大体何歳くらいかで病気になりやすいかというようなことも分かりますし、手相に関しては特にこのくらいの年齢かを予想しやすいのが魅力といえるでしょう。

 

 

最近の手相占いの傾向としてはとにかく分かりやすいということがありますので、しっかりと学習することはそう難しいことではありません。

 

 

手相を占っているといろいろなことが分かるようになりますし、線一つでも複雑なことが分かるようになります。

 

 

また、先々でどうなるかもチェックできるようになるので、いろいろなことが分かるようになります。


手相 生命線 島関連ページ

短い
枝分かれ
内側
二股
3本ある場合
ない