手相 生命線 短い

生命線が短い手相について

手相は、実際に自分の身体の一部で運気などを判断する占いですので、非常に自分自身に密接に関係しており、身近な占いのひとつです。

 

 

よく手相判断でいわれる中で、生命線が長い場合には長生き、短い場合には短命という説がありますが、これは必ずしもそうとは限りません。

 

 

生命線とは、一般的に人差し指と親指の付け根の真ん中あたりから、半円を描く線のことを指しています。

 

 

生命線とは、本来はその生きる力、つまり生命力の強さを判断するために、決め手になる線なのです。

 

 

ですので、基本的に、長い短いはまったく関係が無いわけではありませんが、大きくにとらわれる必要はありません。

 

 

たとえ線が長くても、その線が途中で切れかかっていたり、なんとなく細く弱い線であったりする場合にはあまり好ましいとはいえませんし、反対に、短かったとしても、線そのものが太く元気があるしっかりしたものであれば、良い運気の線であるといえます。

 

 

また濃くはっきりしている線ほど、丈夫で健康で体力あることを示しており、逆に薄いほど、虚弱で体力の無さを暗示しています。

 

 

また生命線は、それだけで判断するのではなく、他の線である頭脳線や、手首側から出るいわゆる補助線などの影響も受けています。

 

 

これらをある程度総合的に判断して、手相は観る必要がります。

 

 

ですのでそれらの線によって補われているのであれば、長さに関係なく、強い生命力を持っていることになります。

 

 

健康であってエネルギーが充実していれば、仕事も勉強もしっかりこなしていくことにつながります。

 

 

その線が途中で切れている場合には、注意が必要です。

 

 

病気や怪我などを暗示している場合があるからです。

 

 

切れている幅が大きければ大きいほど、その厄は大きくなることを意味しています。

 

 

切れている個所からだいたいの災いの時期を判断することもできます。

 

 

また島といわれる模様も病気などが起こる判断になりますので、あわせて手相を判断していくことが重要です。


手相 生命線 短い関連ページ

枝分かれ
内側
二股
3本ある場合
ない