手相 生命線 年齢

手相の生命線と年齢の関係

手相の中で一番といってもいいほど有名な線に生命線があります。

 

 

生命線はちょうど人差し指の付け根のあたりから、手の中心を通り、手首まで伸びていることが多いと思います。

 

 

弧を描くようにしている線や、まっすぐに伸びている線、途中途中でブツブツと切れている線など、人によってその形はさまざまです。

 

 

生命線の長さは年齢の長さをも表してしてると考えられることから、長ければ長いほど長生きできると言われています。

 

 

しかし、鑑定をしてもらって、たとえ短命だと言われたとしても、それほど気にする必要はありません。

 

 

というのも、手相のいいところは改善の余地が残っているということです。

 

 

これは手相だけに当てはまることではなく、占い全般に言えることかもしれませんが、あくまで将来の予言であって、必ずそうなるとは誰にも分からないからです。

 

 

たとえば、鑑定士の言葉が心に深く残り、これからはタバコやめて、酒も控えようとなったら、確実にその人の寿命は伸びるといえます。

 

 

もちろん、交通事故などの不運が原因で短命に終わるのかもしれませんが、そこまでの信憑性を求める人は誰もいないのではないでしょうか。

 

 

また、大事なのはこれからの人生をもっといいものにしていくために、診てもらうことが一番の目的であって、たとえよくない診断結果であったにせよ、あまり本気にする必要はないといえます。

 

 

そして、手相の神秘的なところとして、前に診てもらった診断と、今診てもらった診断とは異なることがしばしば起こることです。

 

 

これは、さまざまな経験をしたことによって手相が変わってきたからだといえます。

 

 

このように、生き方を変えることによって、どんどん手相というものも変わっていくと考えられます。

 

 

とても不思議なことなのですが、こうして考えてみると、やはり手相も馬鹿にはできません。

 

 

自分の人生をもっとよりよいものにしていきたい、楽しく生きて生きたいと思っているひとは、一度鑑定してもらってはいかがでしょうか。

手相 生命線 年齢記事一覧

手相 生命線 短い

手相は、実際に自分の身体の一部で運気などを判断する占いですので、非常に自分自身に密接に関係しており、身近な占いのひとつです。よく手相判断でいわれる中で、生命線が長い場合には長生き、短い場合には短命という説がありますが、これは必ずしもそうとは限りません。生命線とは、一般的に人差し指と親指の付け根の真ん...

≫続きを読む

手相 生命線 島

手相における島とは、いわゆる線が二股に別れてからまた一本になるというもので、丸というよりは楕円形や、島の始まりと終わりは鋭く、丸くなっています。これはあまりいい意味があるわけではありませんが、特に生命線に出来る場合はよく注意しておく必要があるのです。というのも、島ができればその時には何らかの病気や怪...

≫続きを読む

手相 生命線 枝分かれ

手相における解釈ついてはさまざまですが、枝分かれしている生命線もけっこうあるようです。まず一般的な手相の見方を簡単に説明しますが、左手と右手で解釈の仕方が異なります。左手は本来生まれ持っている才能や性格など主に先天的な運勢を指示しています。反対に右手は生まれてから、自分で作り上げた才能や性格など、後...

≫続きを読む

手相 生命線 内側

自分で手相を見る時、感情線、頭脳線、生命線という太い3本の線が真っ先に目に入ります。しかし、よく見ると手には無数の細い線が縦横無尽に走っていることに気づきます。手相は単純に3本の線だけで占えるものではありません。基本のこの3本のほかに、結婚線や財運線、太陽線や運命線が目立つ線と言えます。生命線が一番...

≫続きを読む

手相 生命線 二股

手相を見る時には、まず三大基本線となる生命線・頭脳線・感情線から見るものですが、その中でも特に重要なのが生命線です。生命線は親指と人差し指の間からはじまり、カーブを描いて手首に向かっている線のことを指しますが、この線からはその人のおおまかな人生、生命力、健康などを見ることが出来ます。生命線と一口にい...

≫続きを読む

手相 生命線 3本

生命線は親指と人差し指の間から手首に向かって弧を描くように走っている線のことを指します。生命線の先には手首の中で最も太い血管がとおっており、手相診断では心と体の健康状態やその変化を象徴するものとして重要な線なのです。線を見る時の基本は、濃淡や大きさ、形状です。その違いによって、その手相の持ち主の肉体...

≫続きを読む

手相 生命線 ない

手相を見てもらって自分の人生運、恋愛運、金銭面など判断をしてもらうのにどのような運命だったり、これから自分がどういう風な人生をたどっていくのか知りたいのは誰しも思うことです。 しかし鑑定士の人に見てもらったり自分が判断できる手相の本を参考にして自分の手を見たときにあることに気づくことがあります。それ...

≫続きを読む